引きこもりの人をカウンセリングなどに連れて行く時の注意

引きこもりが心配で、子供を心理カウンセリングに連れて行く、病院に連れて行く、支援してくれる施設に連れて行くことを親は考えると思います。

そこで一番頭を悩まされる問題が、当人が行きたがらないケースです。

親は子供の将来が心配だから連れて行きたいと思います。

でも子供が拒否したとき、どうしようもなくなります。

あなたのことを思っているのに、どうして嫌がるの!? と私たち親は思ってしまいますよね。

愛情いっぱいに助けてあげようとすることを嫌がることが、もう情けなく、腹立たしく、どうしようもない気持ちにさせられます。

でも、それは親のエゴではないでしょうか?

子供の立場からすると、引きこもりは「生きていくための防衛手段」です。

引きこもりは甘えであるのはある意味あたっています。
(本当に経済的に困窮している貧困国からしたら考えられない事態です)

ただし、ここは日本です。

引きこもりの人が外に出て命が奪われるわけでもありません。

でも、本人からしたら「生存権が脅かされる」わけです。

これを甘えといってしまえばもう話は先に進みませんし、子供の心を踏みにじってしまう恐れがあります。

窮鼠猫を噛むという格言があるように、逃げ場がなくなったら、誰だって暴発してしまいます。

あくまでも、子供には逃げ場を確保してやる必要があると思います。

その上で、本当に駆け引きなしに子供の立場から、このまま行くことへの恐怖を諭すことが必要だと思います。

上から説教するような形だと反発してしまいます。

同じ目線にならないと、引きこもりの人を専門家のもとへ連れて行くことは難しいと思います。

それか、もう徹底的に力でねじ伏せて連れて行くかですね。

これは失敗するともう親子関係の信頼は崩壊するでしょうが。

あと時間をかけなければ、子供を説得は難しいでしょう。

私も過去の心境はとにかく上からの目線で子供に対応していました。

私の言っていることが絶対正しいと思っていました。

でも、それは押しつけに終わりました。

不登校の子供、引きこもりの人は甘えているという目線をすべて捨てて下さい。

世間が感じることを、親が当たり前のように感じていたら先に進めません。

そんなものはほっといていいのです。

甘えているのは事実だとしても、その観点で子供に接しないで下さい

子供が甘えている。そう考えていて何か解決したでしょうか?

現在あなたが子供について感じていることを、いったん捨てて、そこから子供に接して下さい。

私はそういうアドバイスをもらって、子供との関係を見つめ直しました。

そうなると、子供は自然と引きこもり脱却へと目覚めてくれます。

これは私の経験談ですので、すべてに適用できるかどうかわかりません。

でも、「捨てる」ことをしたほうがいいと思います。

それだけは断言できます。

真珠

この記事へのコメント