引きこもり・社会的不登校解決 過去と現在のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 親がうつ病・神経症状になっていたら、子供はそれに引きずられる!?

<<   作成日時 : 2011/12/22 19:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

私が昔息子がひきこもり生活をしていた時にブログをやってました(このブログに最初の方で転載しています)。

そのとき確かにノイローゼでした。いわゆるうつ病もしくはうつ病一歩手前でした。ヒステリーも発症していました。

とにかくギリギリの精神状態で先が全く見えませんでした。夫婦関係も険悪化していましたし、逃げ場も何にもない孤立無援でした。

その状態でいると、親である私自身がまずダメになりました。

そうなると、子供に悪影響を与えてしまったかなとますます悩みました。

実際に、息子自身、自分の不登校→引きこもりのせいで、家族内がどうしようもなくギクシャクしていたのを感じ取り、ますますふさぎ込んでいました。

親が子供以上に嵌っていたら、子供はもう精神的に浮上するきっかけはなくなります。

そのことは前々回の更新の時に書きました。

でも、我が子の将来、家族の未来、私自身の現状を否が応でも直視しなくてはいけない時に、親もメンタル・ケアが絶対必要だと思います。

子供のトラブルを、家族内だけで処理しようとするよりも、第三者の専門家を入れることが必要不可欠だと思った理由は、子供のケア、カウンセリングだけじゃなく、親もそれで救われるからです。

実際、どれだけ専門家の先生に私自身の精神的危機を救ってもらったかわかりません。

そういう頼れる存在がいない時は、ブログにただつらい心境を書くしかなかったのですが、心の内を話せる相手がいるだけで、本当に心が楽になりました。

親が鬱になっていたら、子供の心はそれ以上に鬱になっていく経験を私はしました。

不思議なことに私自身の心の余裕が生まれていくと同時に、子供も気持が上向いていった経験から、親子はやっぱり別々の自我を持ちながら、とても影響しあっているんだなと痛感しました。

だから、親は親である程度は楽しまなくちゃいけないと思いました。
不登校の問題 親がうつ病になる可能性」に詳細を書いています。

子供が苦しんでいるのに、親が楽しんじゃいけないという罪悪感もあると思います。

だけど、親が精神的に潰れてしまったら、それこそすべては「ジ・エンド」かもしれません・・・・・

楽しむことまでしなくても、心が晴れることをどんどんしていったらいいと思います。

親が変わっていくと(父親でも母親でもいいと思います)、子供はちゃんと感じ取ってくれます。

親がイライラしていると、子供もイライラしてしまいますし、親が泣いて暮らすと子供はやるせなくなって、厭世観にますます拍車がかかってしまうことでしょう。

だから、積極的にも親も心のケアをしっかりとして、そして子供が負担になっていた部分が自分の中になかったかどうか眼を反らずに見つめて、原因があればそこをどんどん直していったらいいと思います。

私は私自身がそれを見つけて(専門家の先生からアドバイスを受けることで気づいたり)、子供への影響の大きさを肌で知ることができました。

面倒くさいなんて思ってはいけません!

子供だけにカウンセリングを受けさせたり、留学に出したり、勉強させたり、無理矢理どこかにひっぱりまわす負担をかけるならば、まずは親が率先してその姿を子供に感じさせましょう。

そういう態度だけで良かったです。

子供ってすごく繊細に、親のことを感じ取っているものですよ。

それは部屋に閉じこもっていたとしてもです。

「親も変わっていってくれる、それなら自分も!」というやる気が絶対出てくるはずです!!

親子ってそれほど(疎遠になっていたとしても)上がお互いに影響し合う生き物なんだという経験をしました。

良くも悪くもです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
自分は過去に引きこもった経験があります。今現在は仕事していますが、10年位苦しみました。今では親に苦労かけたなと思っていますが、結局私の親は私が何を考えていたか、どうしてそうなったか理解できませんでした。ですから理解し合えたというのは本当に素晴らしいです。できれば自分の親にもそうなってほしかった。当事者だからわかるんですがブログを読むと本当にあなたたち親子は克服したんだなと思いました。
けんちゃん
2012/05/17 13:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
親がうつ病・神経症状になっていたら、子供はそれに引きずられる!? 引きこもり・社会的不登校解決 過去と現在のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる