テーマ:子供の不登校・ひきこもり

親がうつ病・神経症状になっていたら、子供はそれに引きずられる!?

私が昔息子がひきこもり生活をしていた時にブログをやってました(このブログに最初の方で転載しています)。 そのとき確かにノイローゼでした。いわゆるうつ病もしくはうつ病一歩手前でした。ヒステリーも発症していました。 とにかくギリギリの精神状態で先が全く見えませんでした。夫婦関係も険悪化していましたし、逃げ場も何にもない孤立無援で…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

不登校の問題 親がうつ病になる可能性

昔、ブログで、息子の不登校や引きこもりが続いた時期にノイローゼになったことを書いています。 相当追いつめられた心境でしたが、今で言ううつ病の寸前でした。 もししたら、うつ病になっていたかもしれませんが、それくらい追いつめられていました。 我が子のことですから、自分の問題以上に心を痛めました。 あんなに小さい頃は可…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

引きこもりの長期化と高齢化 【引きこもり/不登校の問題】

一度、引きこもってしまった人間が、再び社会(あるいは学校)に復帰することは並大抵のエネルギーでは不可能です。 何でも引きこもり年齢の平均は30歳を超えていて、10代や20代だけの問題ではないということです。 このデータは、社会復帰ができずズルズルと30,40歳にまでなってしまう、つまり、引きこもった人がいかに社会復帰が難しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不登校の子供の心を追いつめないように 私たちの失敗

私たちがお世話になった心理セラピストの岩波先生が仰っていたように、不登校やひきこもりは一つの現象に過ぎなくて、もっと深刻なことは「子供の心の挫折感」の方です。 つまり不登校に完全になってしまう時点で、すでに子供の心は挫けてしまっています。 これは相当の自信喪失体験でしょう。 親と言っても当人じゃない限りわからないところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族病理から不登校と引きこもりの子供が生まれる

真珠です。 子供が不登校、もしくはひきこもりになってしまったら、単に子供だけの問題と見なしてしまいがちです。 私も不登校になり、部屋に引きこもるようになった子供を見て、そう考えていました。 大きな間違いだとわかってきたのは後からです。 子供の不登校、引きこもり対策の初動を誤ると、私たちのケースのように泥沼にはまっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スクールカウンセラーについて気になる記事が・・・・

真珠です。 不登校になった子供の相談に真っ先に思いつくのは、スクールカウンセラー(その学校にスクールカウンセラーがいる場合)ですね。 そのスクールカウンセラーについて気になる記事がありました。 http://blogs.yahoo.co.jp/kebichan55/49693518.html 「ジャンキーにされる子ど…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

学歴よりも何よりも精神的にも肉体的にも元気でいてくれることが一番! 

親からすると、子供が学歴があっても精神的にへこんでいたらつらいものです。 元気が一番、元気があれば何でもできる!  もうこれは名言中の名言です! 思うに、精神的な落ち込みと頭の良さは比例しているような気がします。 頭がよいから逆に考え悩んでしまうんでしょうね。 親が子供に教育してあげられることは、頭の良さを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引きこもり(社会的不登校)は家族全体の病理

引きこもりは当人の問題だと思いがちですが、違います。 私たちも最初はそう考えていましたが、家族全体の病理、もっといってしまいますと社会病理でもあると思います。 私たち母親、父親の諍いが息子の心理面に大きな影響を与えてきたことはたびたび書いてきました。 他にも細かいことなどもたくさん原因がありますが、引きこもりの問題は家…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

引きこもりの人をカウンセリングなどに連れて行く時の注意

引きこもりが心配で、子供を心理カウンセリングに連れて行く、病院に連れて行く、支援してくれる施設に連れて行くことを親は考えると思います。 そこで一番頭を悩まされる問題が、当人が行きたがらないケースです。 親は子供の将来が心配だから連れて行きたいと思います。 でも子供が拒否したとき、どうしようもなくなります。 あなた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫婦げんかと子供、不登校・ひきこもりの関連性について

息子が幼いときから、私たち夫婦は口論が絶えませんでした。 時に感情的になってなじり合ってしまったのを見ていて、息子はものすごく恐怖感を持ったそうです。 自分が親から捨てられてしまう恐れを抱いていて、そんなことに私たち親は全く気づきませんでした。 息子の感じやすい心に大きな負担となっていたとはっきりわかったのは、やっぱり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間不信で頑なな息子が唯一心を開いた岩波先生 【不登校/ひきこもり克服プログラム】

ちょくちょく書いているかと思いますが、息子は誰にも心を開かず、いじけきっていました。 私たち親の責任も非常に大きいのですが、どうすることもできないまま時間が過ぎていきました。 いいかげん早く立ち直って欲しい、これ以上遅れをとらないで欲しい、それが私の人生のおける最大の願いでした。 この焦りが子供を追いつめていたかもしれ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

岩波先生(ドリームアート)の不登校/引きこもり克服プログラムについて Part1

連続の投稿です。 今日は不登校・ひきこもり克服プログラムについて書こうかなと思いました。 情報が欲しいという人が多いので、どうしたら受けられるか、感想や体験、実際に通った息子の評についてを中心の掲載したいと思います。 長くなりそうなので、いくつかに分けて行きます。 不登校・ひきこもり克服プログラムは、Dreama…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

不登校・ひきこもりと子供の事件について

過去掲載していたブログは以前の分で終わりにしたいと思います。 あとは細々としたことを掲載しているくらいでしたし、気力が続きませんでした。 今も出口が見えない状態で、苦しい胸の内をブログで掲載している人に心服します。 さて久しぶりの更新となってしまいました。 別に気持ちが抑うつ状態になっていたわけじゃないですよ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息子の不登校と引きこもり問題でわたしが不眠症になる 息子の生活リズムについて

(ブログ前半は過去のブログの再掲載) こんばんは 今日は眠れません。 ずっと眠れていない日が続きます。 眠るという行為自体が恐ろしいと感じます。 みなさんも不眠症とか過食症になったりとか、自律神経失調症になっていないですか? どこか不具合を起こしていないか心配です。 体調にはくれぐれも気をつけてくださいね 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全エネルギーがひきこもりのことへ うつ病ぎみへ つらい・・・

(過去のブログで掲載していた文章です) 息子のひきこもりのことしかブログに書くことがない私。ちょっと寂しいです。 趣味もできなくなりました。 そんな心の余裕がありません! (>o<) エネルギーは息子の問題に吸い取られています。 何のために私は息子にご飯を作っているんだろう? まったく報われません。 い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひきこもり 私の心配事・子供の心配事  過去と今の心境

(過去のブログの掲載文です) こんばんは あいかわらず状況は進展していません。 もう何年も変わっていないんだから当たり前ですよね 変わったことと言えば、親子関係と夫婦関係の悪化、息子のひきこもり症状の重さの進展ぐらいです。 はぁ~我ながらなんて報われない人生を送っているんだろう… なんで苦しむのか、ほんと神様を恨みた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苦しみの吐露 昔を振り返って ~ひきこもり・不登校問題~

(以下の文章は昔ブログに掲載していたものです) 息子はもう世間では立派な社会人だというのに、仕事もせずにニートをしています。 ニートと言えばぐうたらとかそういう発想を思い浮かべるかもしれませんが、そんな単語で言い表せるほど生やさしいものではありません。 ニートを就職待ちと言い換えれば、息子はそれに当てはまりませんし。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひきこもり・不登校問題を抱える親へ 自己紹介 【子供の引きこもり脱出記録】

まずは自己紹介、サイト紹介 この文章は、以前に他のブログに掲載していた子供の引きこもり、不登校の体験記をを再び掲載したものです。 今は私たちは不登校から続いたひきこもりの問題を解決することが出来ていますが、以前のブログでは苦しいまっただ中でした。 おかげさまで、やっと普通の生活(私が望んで手が届かなかった生活)に戻れることが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more