アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「不登校/引きこもり克服プログラム体験感想」のブログ記事

みんなの「不登校/引きこもり克服プログラム体験感想」ブログ


人間不信で頑なな息子が唯一心を開いた岩波先生 【不登校/ひきこもり克服プログラム】

2007/05/20 15:30
ちょくちょく書いているかと思いますが、息子は誰にも心を開かず、いじけきっていました。

私たち親の責任も非常に大きいのですが、どうすることもできないまま時間が過ぎていきました。

いいかげん早く立ち直って欲しい、これ以上遅れをとらないで欲しい、それが私の人生のおける最大の願いでした。

この焦りが子供を追いつめていたかもしれませんが、その時はしょうがなかった感情です。

だからこそ第三者が必要だと痛感しました。

さて、前回書いたように、岩波先生の非常に高い評判(スゴ腕や鬼才、破格という評価が多いようです)を聞くに及び、不登校/引きこもり克服プログラムへ参加するように息子に言いました。

でも、私が通うわけではありません(岩波先生は私の心のケアもしてくれました。あとで話します)

あくまで通うのは息子です。

いくら岩波先生がすごい人で頼りがいのある性格だからといって、子供にとっては見知らぬ人で、不安でたまらなかったでしょう。

どこに連れて行かれるんだろう? 何をされるんだろう? ただでさえ、人間に不安と恐怖を感じやすい子供だったので、かなり心理的プレッシャーがあったと思います。

子供の代弁すれば、ひきこもっている状態を破壊するな! というところでしょうか。

引きこもりを脱出させるためには、子供の心に負担がちょっとばかりかかっても、専門家や支援施設に連れて行かなくちゃいけない時が来ます。

どちらにしても子供にとっては抜き差しならない事態でしょう。

ひきこもり(社会的不登校)でやっかいだったことは、岩波先生の不登校/引きこもり克服プログラムのように、せっかくすごさを感じさせるものがあっても、子供が頑なに行くのを拒めばまったく意味をなさないことでしょう。

もしかしたら、お子さんが通いたくないといって、予約が取れなかった人も多いかもしれません。

一度岩波先生に会えば、頑なな心の子供でも「この人なら他の大人とちょっと違う」と思うでしょうが、最初の接点すらないのなら、どうすることも出来ないと思います。

先生が心を開いていても(誰にも開くタイプです)、子供がシャットアウトしたら、えらく時間がかかるでしょうし。

そもそも子供に受ける気持ちがないと、誰にも心を開きません。

無理矢理連れて行ったんじゃ、ますます溝が深まるだけです。

引きこもりという安定した(?)環境を壊す人間になってしまうからです。

生存のためなら、人は全身全霊守ろうとするものです。

でも、幸いなことに本人もどこかでこのままじゃいけないことをしっかり自覚していたと思います。

そうじゃなきゃ、不安がにじみ出ていた息子が、会ってから岩波先生には心を許すことはなかったと思います。

この「心を許す」ということ自体、私には信じられなかったです。

「ええ! あの子が心を開いている!」

うれしさよりも驚きの方が強かったんです。

裏を返せば、息子は人間不信に陥っていたけれど、本当に「人を信じたいんだ」という気持ちをどこかで持っていたということでしょうか。

それを引き出せなかった(あるいは心を閉ざすきっかけを作ってしまった)自分たちを恥ずかしく思いました。

でも、他の大勢いる不登校やひきこもりを扱うカウンセラー、セラピスト、病院の先生など、誰一人として息子の心を解きほぐすことが出来ませんでした。

だから岩波先生の性格的なところを含めて、非常に独特な人なので、だからこそ子供と相性があったのでしょう。

息子から見たら岩波先生は

「信頼できる」
「この人ならわかってくれる」
「居心地がいい」
「すごい人だ」
「何でも話せる」
「やさしい」
「信念の人」
「自分を確立している」
「いろんなためになることを教えてくれる」
「この先生の前なら自分を出せそう」

という風に形容していました。

人対人、感情を持った一人の人間としての心の交流を、それこそ駆け引き抜きにしてくれるから、息子は心を驚くくらい簡単に開いたんだと思います。

誰もが、息子のようにすぐ心を開くかどうかはわかりません。

でも、ずっと接していれば、必ず殻が破れてくるのは間違いないと経験で感じます。

とにもかくにも、息子が物心ついた頃からの家庭環境が、私たち家族を後々苦しめたことになるなんて・・・・

本当に岩波先生の不登校/引きこもり克服プログラムに通わせてよかったと思っています。

それは、私たち親より、息子本人が一番感じていることだと思います。

人との絡みで人は傷つき引きこもります。しかしそれを解きほぐすのはやっぱり人との絡みしかないのではないでしょうか?

これが私たちが得た一つの結論でした。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1


岩波先生(ドリームアート)の不登校/引きこもり克服プログラムについて Part1

2007/05/17 12:53
連続の投稿です。

今日は不登校・ひきこもり克服プログラムについて書こうかなと思いました。

情報が欲しいという人が多いので、どうしたら受けられるか、感想や体験、実際に通った息子の評についてを中心の掲載したいと思います。

長くなりそうなので、いくつかに分けて行きます。

不登校・ひきこもり克服プログラムは、DreamartLaboratoryという岩波先生の研究所がやっているものです。

岩波先生といえば、宣伝をかけているわけではないですが、心理セラピストとして、ある層の人によく知られた存在です。

私もどうやら評判も高い先生で凄腕だという噂と評判を聞いて、息子を通わせました。スゴ腕ってどんなだろうという興味もありました。逆にそこまで言われていないと、通わせていなかったかもしれません。

すぐ息子の方がやる気になったので助かりました(最初は他の皆様と同じく渋々です)。

こんなことは初めてなので、いかに岩波先生の人心掌握術、それが頑なな心を持ってしまった子供でも溶かすことが出来る能力は、噂以上でした。(でも、本人に受ける意識が全くなければ意味がありません)

他にも神経症やコミュニケーション能力、あがり症でも大変にぎわっているので、予約をとることはタイミングが重要となるそうです。

あとは他のプログラムを希望する人たちとの競争になるので、決めたらすぐ岩波先生とコンタクトを電話でとってください。それがコツです。

数ヶ月先に予約が取れるのと一ヶ月以内に取れるのとでは、やっぱり違いますからね。

その後、私たちは子供と一緒に岩波先生と会いました。

ただ子供一人で行かせてもいいと思います。

なぜなら、親がいると、子供は岩波先生と話がしにくいからです。

私たちの場合は、夫婦げんかが絶えない状況の中で子供が育ってしまったこともあって、子供にとって、鬱憤がかなりたまっていたようです。

私がいてもどかしそうでした。

すぐ私は岩波先生と話したあと、退散しました。

短い時間でも岩波先生の人となりの信用、オーラとパワーのもっているパーソナリティがわかり、安心しました。

終わる間際にまた三軒茶屋の事務所(いまは西新宿の方でやっているそうです)に戻ってくると、息子の顔はずっと見たことがないホッとしたような表情をしていました。

息子は「あの先生はすごい」と言っていたので、評判以上なのは間違いなかったです。

忙しい先生にもかかわらず、時間を十分にとってくれて、とっても助かりました。

3時間以上とってくれたと思います。

その間私は心配しながらも、三軒茶屋周辺で買い物をしてました。

案の定、そのあと続々と通っている方々が来て、心の問題について話し合ったりしましたが、どの方も大変に思いをしてきたようです。

その中にすっかり息子と同じひきこもりから立ち直って、元気に仕事や恋人を作って、人生を楽しめるようになった男性も何人かいて、勇気づけられました。

みなさん才能がありながら、たった一つの悩みが深いせいで、すべてを犠牲にしてきた人たちばかりです。心の問題の怖さを感じました。

息子はもっと心強いことだったと思います。

これで私と息子の苦労が報われるんだ、なんていう心地よい予感を胸に抱きながら、地下鉄に乗って帰ったのを今でも良く覚えています。

長くなりそうなので、今日はここまでにしておきましょう

真珠
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


ひきこもり・不登校問題を抱える親へ 自己紹介 【子供の引きこもり脱出記録】

2006/03/23 12:38
まずは自己紹介、サイト紹介 この文章は、以前に他のブログに掲載していた子供の引きこもり、不登校の体験記をを再び掲載したものです。

今は私たちは不登校から続いたひきこもりの問題を解決することが出来ていますが、以前のブログでは苦しいまっただ中でした。

おかげさまで、やっと普通の生活(私が望んで手が届かなかった生活)に戻れることが出来ました。

あることがきっかけだったんですが、当時悩んでいたときに掲載していた文章を今回あえて載せようかなと思いたちました。同じ苦しみを味わっている人の希望になれたら嬉しいです。

当時、こんなに苦しんでいたのに今は解決できていると希望を持ってくれたら今回の体験談ブログを作った甲斐があります。

今回再掲載にあたり、私の昔書いた文章を自分で評論して載せたいと思います。

当時はなんで苦しんでいたんだろう?
なぜずるずる悩んでしまったんだろう?
息子はどうして引きこもり状態から立ち直れなかったんだろう?
ずるずる悩みにはまってしまったんだろう?


今幸せをかみしめることが出来る状態なら、昔を見返したら何か見えてくるんじゃないかな(^^;)

客観的に分析できるし、でも当時の私の文章を恥ずかしく思います。

でもでも、当時の心境はやっぱり貴重だなと感じます。


あるきっかけ=不登校・引きこもり克服プログラム
大変お世話になった大変力のある先生主催の不登校や引きこもりなどの子供向けのプログラムです

不登校の問題、子供の心の問題は親だからこそ(!)気づかないところがたくさんあります。

私が過去を客観的に分析しようと思ったのも時間を経たからです。

でも不登校と子供の心の問題は現在進行形で起こっています。

今そこにある危機で。

そんなとき、客観的に問題を解決しようなんて難しいです。

親なら、特に母親なら、よけい子供への愛情、焦りが子供の心に負荷を与えてしまいます。

焦れば焦るほど深みにはまっていくのがこの問題をこじらせる原因の一つでした。

だから心理面や不登校、ひきこもりの専門家に相談することで、一つの客観性が得られ、子供の心がはじめてわかるものだと思っています。

いろいろな不登校解決方法があります。

その中で一番子供の心にいい変化を与えられるものを選ばれた方がいいと思ってます。

時間が解決することはほとんどないのですから

不登校の問題は子供が社会人になっても一生続くていきます。三十代、四十代の引きこもりは当たり前になってきています。

社会参加ができなければ、それは大人の社会的不登校問題に他なりません。

〓真珠のブログのはじまりはじまり〓

記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


トップへ | みんなの「不登校/引きこもり克服プログラム体験感想」ブログ

引きこもり・社会的不登校解決 過去と現在のブログ 不登校/引きこもり克服プログラム体験感想のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる