引きこもり・社会的不登校解決 過去と現在のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ひきこもり 私の心配事・子供の心配事  過去と今の心境

<<   作成日時 : 2006/04/12 10:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(過去のブログの掲載文です)

こんばんは
あいかわらず状況は進展していません。
もう何年も変わっていないんだから当たり前ですよね
変わったことと言えば、親子関係と夫婦関係の悪化、息子のひきこもり症状の重さの進展ぐらいです。

はぁ〜我ながらなんて報われない人生を送っているんだろう…
なんで苦しむのか、ほんと神様を恨みたくなります。
それが運命といえばそれまでですが…
これは人災です。
でも、息子のせいにはできない。
したら最後、息子は自殺してしまうかも。
でもいらだつ自分を抑えることも出来ない。
今日も息子と喧嘩しました。
激しい言い合いです。

仕事しろと言っても、中卒だから無理とあきらめています。
働いて給料をもらうだけなら、中卒でも何でも変わらないというと、そんな仕事は嫌だと言います。
じゃあ、あんたは何か夢があるの? 頑張っているの?と腹が立って言い返しました。
うるせえ!! ばばあ と言い捨て部屋に駆け上がってしまいました。
いつもこんな感じです。

行動もしないのに、頭ばっかり肥大化してどうしようもありません。
そして、すぐ逃げる。立ち向かっていったことはずっとありません。
息子は一度しか給料をもらったことがありません。
でも、バイトをすぐやめてしまいました。
同世代の人は、もう会社でばりばり働いて、それぞれの夢と人生計画を立てているというのに…
今日は気分が悪く、体調が優れないのでここまでにしておきたいと思います。

おやすみなさい。
でも、寝付けないし、眠りが浅いんですけど…
すっかり不眠症です。
そんなときは、ブログでも更新しようかしら



--------------------------------------------------------------------------------

(ここからは現在のブログ更新分です)

息子とは口げんかが絶えませんでした。

私がいらだち、息子の居場所を奪おうとかかると(つまり働けと言うことです)、息子はその牙城を崩されてたまるかと強烈に反抗します。

確かに当時の息子は自分の家の居場所を奪われたら、どうやって生きることが出来たというのでしょう?

そこを追い込んでいった私も反省しなければ駄目な点でしたが、かといってプレッシャーをかけないことには何にも始まりません。

そのバランスに苦しみました。

どうしたら息子のためになるだろう? 甘やかす? 時間を待つ? 厳しくする? 全くわかりませんでした。

みなさんもそのジレンマに苦しんでいると思います。

どうしたらいいの? いつも思っていました。

どうすることもできな。未来がない。どんより雲でした。

よく「働け」としつこくと言っていた親が子供に刺し殺される事件があります。

もちろんそこまでいくのはよっぽど特殊な例ですが、でも誰にでも起きうることでもあります。

本当に難しい問題ですよね

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひきこもり 私の心配事・子供の心配事  過去と今の心境 引きこもり・社会的不登校解決 過去と現在のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる