苦しみの吐露 昔を振り返って ~ひきこもり・不登校問題~

(以下の文章は昔ブログに掲載していたものです)

息子はもう世間では立派な社会人だというのに、仕事もせずにニートをしています。
ニートと言えばぐうたらとかそういう発想を思い浮かべるかもしれませんが、そんな単語で言い表せるほど生やさしいものではありません。
ニートを就職待ちと言い換えれば、息子はそれに当てはまりませんし。

そもそも生きる希望や意志すらなくなっているからです。
今は死んでいることと一緒です。
息子がひきこもりになったのは、中学三年生の時の不登校から始まりました。この年頃が一番危ないみたいですが、息子はその通りになってしまいました。

受験をして、高校には進学できたものの、高校一年の一学期が終わってからまた不登校になりました。
心の現代病だと考えて、軽く考えて(軽く考えようとしていたのです)、しばらく放置しておきました。
問題意識に目覚めて立ち直っていくと思いこもうとしていたのは、私の過ちでした。

そのときは、私も夫も息子の問題に真剣に向き合ってはいませんでした。
それが、今の苦しい状況につながってしまったのを、今でも後悔しています。
心の問題はなり始めに対応をとるのがとても大事だとよく言われますが、小さなぼやをほっといたことで、今の大きな火事につながっています。
後悔、後悔の連続です

このブログを読まれている人は、同じ問題を抱える保護者の方が多いと勝手に思っています。
気持ちをわかってくれるかもしれませんが、とにかくつらい!
息子がずっと家にいることのプレッシャー、ストレスはたまったものではありません(T_T)
だから、少しでも不安の気持ちをはき出そうとたぶんブログに書いているんだと思います。

実は、私自身なぜ不登校とひきこもりに関してのブログを書こうと思い立ったのかわかりませんが、少しでも共感してくれる人がいればと思ったのかもしれません。
とにかく、息子の将来が自分のこと以上に心配でならないんです。
周囲とのギャップにこれから先もずっと苦しむんじゃないかとため息ばかりの生活です(>_<)
息子は自分の将来のことを本当に考えているのかしら。
自分のことだから考えていた欲しい。
説教をしてもまるで馬耳東風です。
そもそも聞く耳を持たず、説教がいやでよけいひきこもってしまう悪循環に陥っています。
誰かこの泥沼から抜け出させてくれる人はいないのでしょうか?

これに対して夫は全然役に立ちません。
そもそも息子と夫は疎遠で、ずっと話もしていない状態です。
もう家族としての機能は、息子が16歳からありません。
崩壊しています。
夫に対しても愚痴っぽくなり、夫もいらつく。
夫がいらついたら私もいらつき、喧嘩になったら、行き着く先はぼろぼろな精神状態に陥ってしまいます。
もう十年以上も幸せを味わったことはありません。
みなさんはあるでしょうか?

たった一つの息子のひきこもりがあるばっかりに、私も息子も完全に社会から隔離されて、どうしてこんなに苦しまなければならないの? と常に悔いている生活です。
こんな愚痴を書いている私にも情けなくなりますが…
書いていて、混乱していると自分でも思います。

先行きはいつもどんより雲
早くこの地獄から抜け出したい!
息子さえ立ち直ってくれたら、すべてうまくいくのに、と息子にいらだちさえ思います。
息子も私のいらだちを感じていて、心を閉ざしてしまいました。
小学生の頃は違っていたのに…

今日はここまでにしておきます。
不快な書き込みを見て気分を悪くされたら申し訳ありません\(、、;)


(ここからは今回のブログ掲載文です)

前の文章(ライブドアのブログ)は当時息子の引きこもりで悩んでいたときに書いていた文章です。

ほんとうに病んでいましたね(>o<)

支離滅裂だし、よくこんな文章を載せていたと思います。

でも上に書いたように混乱していて、何かにすがりたいと必死で思っていました。

何かをはき出すことに関しては、ブログ掲載も無駄ではなかったですし、今につながっていたんですから大成功です。

ブログ掲載がなければ、今の私たち(私と息子)はなかったですし、岩波先生という方にお会いすることはなかったです。

岩波先生は息子を立ち直らせてくれた感謝し尽くせないほど恩を感じている人です。

でも、そのときは先生の存在を知ることもなかったです。

そう考えると怖いですね。

息子が25歳もうすぐ26歳になるんですが、今も引き籠もっていたに違いないですから。

不登校から続く心の問題は時間は解決してくれません!

社会的不登校でしたから。いわゆるニート、ひきこもりでした。

当時は夫婦関係も、親子関係も最悪で、憎しみ合いがありました。

息をすることも苦しくなり、だるさ、不安発作、動悸、めまい、すっかり自律神経の調子が狂っていました。

私自身医者にかかった方がいい状態でした。

今もひきこもりの問題で体の体調を崩されて苦労されている親御さんも多いでしょう。

そのときはどうか鬱憤を溜めないで、カウンセリングにかかったり、胸の内をはき出してください。

そういう意味ではブログ掲載もいいですよ。おすすめです!

義務になると疲れてしまいますので、あくまで気が向いた時に更新すればいいです。

私も途中でやめました。

でもブログを読んでくれた人で、岩波先生のこと、先生の不登校・ひきこもり克服プログラムを教えてくれた人がいました。

何が起こるのかわからないのが世の中ですから、望みを捨てないでください。

頑張れとは言いません。みんな頑張っているんですから。

頑張れば報われる問題じゃありません。

人の心はどうやっても手が届かないことがあります。

頑張れば逆効果もたくさんあります。

今悩んでいることは報われると信じることです。

希望を信じるしかないと思います。

この記事へのコメント